「北のカナリアたち」


c0250407_15573596.jpg















20年前に北海道で分校の教師をしていた女性のもとへ、
当時の教え子が殺人を犯したと刑事がやって来る。

忘れたくても封印できない記憶をたぐり寄せ、
かつてのクラスメイトと教師が再会して語られる真実とは・・・


原作の「往復書簡(湊かなえ)」はずいぶん前に読みましたが
内容はかなり違ったものになっています。
映画のほうが複雑でドラマチックかな。

過去のシーンでは吉永小百合が40代の教師を演じてるんだけど
それほど違和感はなかったのは
厳冬の、いかにも寒々としたロケーションのせいもある。

服装なんかがあまり変わらないから、
「過去」の話なのか「今」なのかごっちゃになった時もありました。
行ったり来たりしながら話が進むので。

人の哀しみが、登場人物の数だけこれでもか、って描かれているけど
子供たちの澄み切った歌声がとても美しくて
暗い内容に希望の灯火を照らし出しているようでした。

子供の歌って素晴らしい。
そういえば私も小学校時代は少年少女合唱団に所属していたっけ。
あんなに美しい声だったかしらん ?
今じゃカラオケでダミ声でみゆきを歌ったりしてるけどね。

森山未来がすごくいい。
後半でけっこう泣けて、周囲の皆がハンカチを握り締めてる状況でしたが
森山未来の名演技が涙に拍車をかけていたと思う。

吉永さんは言うまでもなく美しく・・・
日本に必要な女性なのだ。いつまでも長生きしてください。
表面的には「おしとやか」なんだけど、
人に見えないところで自己に厳しく大変な努力をしているそうで。
そんなところもひっくるめて素敵なのですね。
品の良さは最高のアンチエイジングじゃないかと
小百合さんを見ていると思います。

いい映画でした。
[PR]
# by anemoaa | 2012-11-09 16:44 | 映画・DVD